僕が・・・生きていく

大手企業を早々に辞めてベンチャーを渡り歩くアラサーの僕が、この不条理な世界で生き残っていくためにした事。日々思う事を書いていきます。

僕が学生最後にやって良かった、3つの事 - 後悔のない学生生活を送るために

 

花の大学生活。

 

長いようで短いこの期間は、勉強しなければならないという制約から開放されると同時に、自分でやる事を決める重要な期間です。

 

私は大学院も入れて6年間の学生生活を送りましたが、最後の年になって、

 

「学生 後悔」

「学生 やっておけば良かった」

 

などと検索し、

 

やばい、このままでは

 

「あー大学の時にこうしとけば良かったー」

 

と、将来思ってしまう、と気が付きました。

 

この時の気付きで行動した結果、アラサーになっても後悔を感じる事が少ないので、皆さんの参考になればと思い、今日の記事を書いてます。

 


f:id:pxeno:20190311222648j:image

 

やっぱり留学

 

もうこれに限りますね。

 

私はイギリスとオーストラリア、それぞれに1ヶ月程行きました。

 

私は正直、アメリカの事はよく知っていましたが、この二国についてはよく知りませんでした。

 

日本の報道番組も、海外と言えばアメリカ、みたいな報道ですしね。

 

イギリスとオーストラリアに行って、その国の歴史とか国際情勢や文化を、学ぶ事で、

 

世界情勢に興味を持つ

 

という力を手に入れました。実際に行ったことがある国なので、実感が湧くわけです。

 

また、留学ラブという物もあるんですよね。

 

留学先で出会った異性と付き合うと言うと言う事(日本人同士でも)

 

これは一緒に留学にいくチームによっても様々ですが、留学先という危機感がある場所で、共に行動をしたり、勉強をしたりという状況は、男女の仲を深めます。

 

そんなおまけもある留学は、将来人生を後悔しないために、学生では絶対に行くべきだと思います。

 

 

高校の勉強を復習する

 

私は頭は悪いくせに負けず嫌いなので、東大生にコンプレックスを持っていました。

 

東大生は頭は良いけど性格は悪い、なんて勝手に決めつける人もいますよね。 

 

と言う事でこのコンプレックスを取り払うために、私は高校の勉強の復習をしました。

 

社会に出てから、

 

「そんな歴史も知らないの?」とか、

 

「そんな数式も知らないの?」とか、

 

思われたくなかったからです。

 

これは正解でした。大人になってからこれらの復習をしようと思うと、どうしてもカフェとかではやり辛いんです。

 

喫茶店でチャート式を開いているアラサーってなんか。。。と。

 

誰も見ていなくてもそう思ってしまう自分がいます。

 

それに仮に他人に教えてもらおうとすると、どうしても年下の先生とかに教えて貰うことになってしまいます。

 

私は、高校の勉強の復習をすることで、学歴コンプレックスが少し取り払われ、その心で社会に出ることが出来ました。

 

また、上記の留学とも関わってきますが、社会に出ると英語を使う事を求められる事があります。

 

そういった時に、私が得意げに英語が出来るのは、高校の英語の知識を固めておいたからです。

 

 

やりたかった習い事をする

 

プライドがない人であれば、問題ないかもしれませんが、ほとんどの人は少しでも自分にプライドがあると思います。

 

習い事を始めるのには、何歳でも遅くないとは言いますが、どうしても先生が年下だったり、周りが年下だとやり辛い面もあります。

 

 

私は社交ダンスを昔からずっとやりたくて、大学3年生で始めました。

 

社会人クラスは高校生以上、でしたので、数人を除いてはほとんどが社会人のスクールでした。

 

勿論、社交ダンスなんて初めての私は全然踊れませんでした。

 

高校生の方が上手い、年下の方が上手い

 

という状況に置かれた訳ですね。

 

しかし、大学生でしたので、まだ軽傷だったと思います。

 

これをアラサーの今始めると思うと、相当の勇気が必要だと思ってしまいます。

 

何事もプライドの傷つかない若い内に始める

 

ということが如何に大事かわかりました。

 

やりたい習い事がある人は、若い内に始めた方がいいと思います。

 

 

私は学生の内に「やっておかないと将来後悔するぞ」って言うことをリストアップして、次々に実行していきました。

 

しかし、それでもどうしても実現できず、後悔していることもあります。

 

それに関しては、また別の記事に書きたいと思います。

 

人生なるべく悔いのないように生きたいですね。

 

前の記事↓

life.maker-quit.biz