僕が・・・生きていく

大手企業を早々に辞めてベンチャーを渡り歩くアラサーの僕が、この不条理な世界で生き残っていくためにした事。日々思う事を書いていきます。

僕がApple嫌いなのにMacが手放せない、たった1つの理由 - WindowsよりもMacだね

 

どうもこんにちは。私は、WindowsとMacの両方を仕事でもプライベートでも使っています。

 

初めて触ったパソコンはWindowsで、5年前まではずっとWindowsを使っていました。

 

というかMacの必要性を感じていませんでした。ASUSやAcerなどのWindows PCの方が同じスペックで安いですし。

 

Windowsの方がゲーム等のいろんなソフトが動くイメージでした。それにWindowsの方が軽いPCがありますよね。

 

しかし、iPhoneの開発をいなければならなくなって、Macを買って依頼、

 

開発でもウェブブラウジングでも、仕事でもプライベートでも。Macを手放せなくなりました。

 

正直、日々Mac糞だなとか、Apple糞だなとか思いながら、使っているのですが、それでもWindowsには戻れません。

 

今日はその理由を、Macの購入を検討している方向け、「Macって何がいいの?」と思う方向けにお伝えします。

 


f:id:pxeno:20190307223432j:image

 

 

ハード・ソフトが洗練されているという1点

 

私がMacを手放せないのはこれに限ります。

 

パソコンにはOSと筐体があります。

 

OSとはWindows7とかWindows10の事ですね。パソコンの基本的なソフトウェアの部分です。

 

例えるならケーキの生クリームですかね。

OSという生クリームに、OfficeだとかInternet Explorerとかのフルーツが乗る感じです。

 

一方、筐体とは画面、キーボード、トラックパッド、スピーカーなどの物理的でメカニカルな部分のことです。これをハードなんて言ったりします。

 

またまたケーキで例えると、ケーキのスポンジ部分になります。

 

スポンジというパソコンに、生クリームというOSが載って、そこにOfficeというフルーツが乗ることで、皆さんは初めてケーキが食べられる(文書作成ができる)訳です。

 

 

WindowsPCとMacでは、このスポンジと生クリーム(筐体とOS)の組み合わせが違います。

 

WindowsはOSをMicrosoftが開発しており、これを使用してAcerとかHuaweiiとかNECとかFUJITSUが筐体を作って、PCとして完成させるのです。

 

要はNEC製のパソコンを買うとなると

OS = Microsoft製

筐体 = NEC製

 

となるわけです。

 

一方、MacはOSXというOSを搭載しており、これがApple製です。 勿論、筐体もApple製ですので、

 

OS = Apple製

筐体 = Apple製

 

となります。

 

よって、ソフト(OS)もハード(筐体)も、Apple製ということです。

 

スポンジも生クリームもAppleと言うことですね(どっちもりんご味、笑)

 

こうすることによって、Appleは1つ体験を生み出しています。

 

それが、

 

「全てがヌルヌル動いて気持ちい」

 

という感覚。

 

OSもハードもAppleが製造していますので、ハードはOSに完璧に合わせた設計になっています。

 

要はスポンジと生クリームがしっかり調和してるんです。

 

一度店頭でMacに触ると分かると思うのですが、

 

文字を打つ時の滑らかさ

スクロールのスムーズさ

ズームのスムーズさ

スワイプの気持ちよさ

 

が、

 

「OSX」というソフトと、「トラックパッド」というハードの融合によって、完璧な物になっています。

 

店頭で触っただけでは分からないかもしれません。私も買った当初は「Macそんなに凄くないじゃん?」って感じでした。

Macは2本指でスクロールの画像

Macは2本指でスクロールします

しかし、使い続けていると、Windowsに戻れなくなってしまうんです。

 

今まで使い続けてきた眼鏡、文房具、マウス等が手に馴染むのに近い感覚ですかね。

 

とにかく、私の視覚・触覚がMac以外を受け付けなくなってしまいました。

 

 

 

 

体験は不便を上回るという事実

 

実はMac、糞不便です。

 

そもそもサポートが全然役に立たないし、不具合も多すぎ。

 

OSのアップデートをすると、バグることも多く、フリーズも多いです。

 

おまけにMacで作ったWord資料やPower Point資料をWindowsに送ると、体裁が崩れたりバグったりします。

 

正直、Appleには頭にきています。こんな不便な物を誰が使うんだって! 使ってるやつは粋がってるだけだろって。

 

 

しかし、私はそう思いながらもMacから離れられません。

 

それは「ソフトとハードの完璧な融合」という体験が不便さを上回っているからです。

 

この価値は、どんなPCにも負けない価値です。

 

高いお金を払ってまで、不便な物を買うという全く馬鹿げた事だと思います。

 

しかし、「体験」というのは、人間にとって、お金や不便さよりも大事なのだと思いました。

 

例えるならブランド物ですね。

 

使う場面が限られていたり、扱いが難しいブランド物に高いお金を払うわけですが、それを持つことによる高揚感という「体験」を味わいたい。

 

という感覚に似ている気がします。

 

 

Macとか使い辛いだけでしょ

 

はい、この意見は最もです。私も使いづらさを感じる事はよくあります。

 

しかしながら、上記のように一度味わってしまった体験は、なかなか手放せません。

 

そこにはMacを一度使ったことがある人だけに分かる体験があります。

 

Macが少し気になっている方は、何度も店頭に足を運んで触り倒してみてくださいね。

 

 

前の記事↓ 

life.maker-quit.biz