僕が・・・生きていく

大手企業を早々に辞めてベンチャーを渡り歩くアラサーの僕が、この不条理な世界で生き残っていくためにした事。日々思う事を書いていきます。

僕がJINSでメガネを買わない、2つの理由 - メガネは医療機器

 

JINSのメガネって安いですね。早いですし、メガネの種類も結構あって、おしゃれなやつも多いです。

 

私は高校生までは「メガネフラワー」でメガネを買っていたのですが、大学生になって初めてJINSの眼鏡を買いました。

 

しかし、社会になってから再度「メガネフラワー」に戻ったんです。

 

JINSだと5000円~1万円で眼鏡が買えますが、「メガネフラワー」だと2万円~3万円です。(もちろん安いやつもありますが)

 

最低でも、1.5倍~2倍位価格が違うんですよね。

 

それでもJINSではなくてメガネフラワーで買う理由が、私にはあります。

 

今日はその理由をご紹介します。

 


f:id:pxeno:20190307025552j:image

 

視力検査が適当

 

視力検査ってありますよね。あの上、下、右、左のどこの穴が空いてるかってやつ。

 

「c」が沢山並んでるやつですね。

 

JINSで眼鏡を買う時に一番ビックリしたのは、この「c」がとても大きかったんです。

 

そんな「c」誰でも見えるわー

 

ってくらい大きかった。そして、小さい「c」は見せてくれなかったんです。

 

え、これで終わり?

 

と、戸惑ってしまったのを覚えています。

 

 

 

それに比べてメガネフラワーは、細かく視力を測定してくれました。

 

視力検査は大きい「c」から小さい「c」が書いてあるところまで、ちゃんと測ってくれましたし、

 

レンズの度数が変えられる眼鏡も相当、レンズの入れ替えをして、見え心地を測ってくれました。

 

また、レッド·グリーンテストという、赤と緑の○を見るテストも、テスト回数が多かった様に感じました。

 

 

JINSの方が値段は安いですが、その代わりに数をさばかないといけないので、視力検査が適当だなと感じました。

 

 

 

 

アフターフォローがない

 

メガネフラワーで買った眼鏡ですが、もう4年ほど経ちます。

 

そんなに時間が経っていますが、私は昨日フレームの調整をしてもらいました。

 

しかも無償で。

 

このフレームの歪みって、凄く見え方に影響するんです。

 

 

実はこの眼鏡を買った3日後に、急に眼鏡の見え方が悪くなったんです。

 

それで店頭に持っていったら、「あ、フレーム歪んじゃってますね、無償で出来るので直しましょう」

 

と言われ、直してもらいました。

 

そして、私は思い出しました。

 

「あ、眼鏡かけたまま寝ちゃった····」と。

 

そりゃ歪みますよね。

 

 

かけられないほどの歪みではないんですよ。壊れているとも思わないんです。

 

でも、視力がなんとなくおかしかったんです。それがフレームの歪み。

 

 

ということは、かけ続けてると気が付かない内に、眼鏡が歪んでしまい、当初と見え方が変わってくるということです。

 

そういった事を考えると、アフターフォローのしっかりしている眼鏡の方がいいなぁーと思います。

 

 

眼鏡次第で視力低下も

 

眼鏡の見え方次第では、視力の低下を招く事もあります。

 

勿論、安いお金で眼鏡を買えば、節約できるとか。ファッションとして、眼鏡を3くらい持ちたいからJINSが良い、というご意見もあると思います。

 

私はそれらを否定はしません。

 

しかし、安いJINSの方が全然いいじゃんーという事には、ならない

 

ということだけ、ご留意を。

 

眼は2つしかありませんし、手術を受けないと視力は戻らないことを考えると、眼鏡は慎重に選びたい気もします。

 

前の記事↓

life.maker-quit.biz