僕が・・・生きていく

大手企業を早々に辞めてベンチャーを渡り歩くアラサーの僕が、この不条理な世界で生き残っていくためにした事。日々思う事を書いていきます。

僕がどうしても寝坊してしまう、たった1つの理由 - なぜ寝坊してしまうのか

 

みなさんの周りに寝坊を何度もしてしまう寝坊魔神はいるでしょうか。

 

「時間泥棒」「だらしない」なんて言われてしまっている人達の事です。

 

実は私も寝坊魔です。なんど寝坊して友達に迷惑をかけたか、何度会社に遅刻して冷や汗をかいたか分かりません。

 

そんな寝坊癖のある私から、寝坊癖のある人にイラついている方に、是非お伝えしたい事があり記事を書きました。

 

少しでも、寝坊癖のある人への理解が深まり、少しでも皆さんのイライラが収まればと思います。

 


f:id:pxeno:20190302210550j:image

 

本人も後悔してます

 

まず最初に、寝坊魔と言えども、寝坊してしまって平気でいる人は少ないんじゃないかと思います。

 

誰でも「あー寝坊してしまった。やってしまったー。」って思いながら起きると思います。

 

というわけで、正常に朝早く、時間どおりに起きる皆さん。

 

本当に申し訳ありません

 

私も後悔し、反省しているんです。何度も治そうとしているんです。

 

寝坊して許されるほど、人生甘くないよ。

 

なんてご意見もよくわかってるんです。

 

でも、なぜか「寝坊が治らない」のです。

 

寝坊を月曜日からしてしまった週は仕事が手に付かない、なんていう事もあります。

 

「こいつ寝坊したくせに、ヘラヘラしやがって」

 

と思われても仕方ないと思いますが、本人は凄く反省・後悔しています。ヘラヘラしているのは、逆の感情を作って自分の心を守っている行動です。

 

 

なぜ寝坊してしまうか

 

寝坊のよくある原因として、目覚ましの電池切れとか、目覚ましのかけ忘れなんかがあります。

 

つまり、寝坊しやすい人は「おっちょこちょい」です。

 

よく言えば天然ですかね。

 

でもこれは寝坊癖のある人に限らず、普通の人でもやってしまう事があると思います。

 

 

では寝坊癖がある人に典型的な事とは何なのか?

 

実は寝坊癖がある私には深刻な現象が発生します。

 

それは、

 

「寝起きの自分が自分じゃない」

 

ということです。

 

朝、目覚ましは確かになるんです。

 

しかし、

 

気がついたら目覚ましが止まっている(自分で止めている)

 

という事が起こります。

 

 

気がついていても、

 

二度寝をしに布団に戻る

 

なんて事もしてしまいます。

 

前日には

 

「あー明日はいつもの出社時刻より1時間早く起きて、優雅に朝食を食べて、勉強も少ししてから出かけよう」

 

なんて思っていたのにもかかわらず、

 

起きた時には、人が変わり

 

「いや、寝よう。寝るしかない。」

 

という人格が出てきます。

 

そして寝てしまい気がついたら、寝坊している。

 

昨日寝る前までは起きる気満々だったのに、寝坊している。

 

 

脳がそうなっているという私の仮説

 

私の仮説として、寝坊癖がある人の脳は、朝起きると違う人格が出てくるようになってしまうような、脳癖があるのだと思います。

 

寝起きって脳の活動が低下した状態です。

 

しかし、低下が激しい人と、軽微な人が世の中にはいると思うのです。

 

朝起きた時に脳の活動の低下が軽微な人は、寝坊もせず、目覚ましがなった瞬間に起きれますが、

 

朝起きた時に脳の活動の低下が深刻な人は、

 

目覚ましがなっていても「眠気に抗えない」という状態になるのだと思います。

 

 

 

そういった状態になりやすい方は、たぶんですが、「鬱」の傾向がある方だと思います。

 

私もそうですが、病気まではいかなくても、落ち込みやすかったり、他人よりも気が弱い方ですね。

 

そういった方は内心、心の何処かで、今日も外の世界に行くのは辛い。布団の中で夢を見ているのが一番安全。

 

と考えてしまう(無意識)ので、脳がセーフティーモードになって、布団に戻そうとするのだと思います。

 

これを「意思が弱い」と精神論で治そうと思っても治りません。

 

鬱の傾向って生理現象なんです。

 

みなさんはトイレが我慢できない時に、「精神が弱い、あと2時間我慢しろ」って言われて我慢できますか?

 

それと同じくらい、自分ではどうしようも出来ない生理現象なのです。

 

 

寝坊の言い訳を、精神病に結びつけて、重たいように言ってるんじゃない!

 

なんていうご意見もあるかと思いますが、あなたの周りにいる寝坊癖のある方は、おとなしかったり、精神が弱かったりしませんか?

 

彼らを「寝坊」という事だけで蔑んでしまうのは、非常に勿体無いです。それ以外に、良いところがいっぱいあるのですから。

 

寝坊癖は彼らにもどうにもできず、彼ら自身も悩んでいることです。

 

この、どうしようもできない脳の癖を解決できる方法が見つかったら、また記事を書きたいと思います。

 

少しでも寝坊癖のある肩に対する理解が深まればいいなと思います。

 

前の記事↓

 

life.maker-quit.biz